GPS-Trk2を使ってGPSデータ付きの釣果記録をGoogleマップで作成する

IMG_2648

ボート釣りを始めてからずっと不思議に感じているのは、GPSの座標付きで釣果を公開しているブログが見当たらないという点。

陸っぱりの釣りなら雑誌やネットで釣り場がいくらでも紹介されているのに、なぜか海上ではそういう情報って見つからないですよね。

まぁ、乗合船なんかで釣りをしながら連れたポイントをブログなんかで公開するというのは、商売の邪魔になってしまう可能性があるし、そもそも釣りしたくて乗ってるわけで、船上でGPS機器やスマホのアプリを使って記録を取る人もいないと思うので、当然と言えば当然なのかもしれませんが。

ただ、個人で自分のボートで釣りをする趣味の人であれば、そういう記録を残していても良さそうなもんですが、不思議な事に見つかりません。

そこで、今後自分がボートで釣りに行く際には、そのようなデータを取っておいて、ブログで公開する事ができれば役に立つ人も多いのではないかと思い、そのために必要な勉強を始めたというのがこの数日の出来事でした。

いわゆるGPSロガーと呼ばれる機器があれば航跡は残せるわけですが、まずはそこまで必要無いだろうという事で、iPhoneアプリの中から使えそうな物が無いかを探してみました。

ネットで情報を集めている中で、どうやら「GPS-Trk2」というアプリが人気のようです。登山をする人に使っている人が多いようで、こちらのブログでも使い方を詳しく説明しながら、実際に作成したGoogleマップなども公開されています。

そちらのブログで公開されているマップの1つですが、こういうマップを作りたいわけです。

こういうのを海の上のデータで作りたいんですよね。

どうやら、この手のGPSアプリで「kml」という形式のデータを吐き出せる物であれば、それをGoogleマップに読み込む事で上記のようなマップを作成できるようです。

そこで、以前に購入していた「GPS RecorderX」という100円のアプリがiPhoneに入っていたため調べてみたところ、「kml」のデータを吐き出す事が可能で、Dropboxに保存できる機能がありました。

テストとして陸上で記録した移動データをGoogleマップに読み込ませたところ、このようなマップが完成。

あとは、記録されたポイントの編集機能で写真などを追加すれば、上記ブログのようなお手本マップを作る事ができそうです。ただ、あのお手本マップって、まさか全部の写真を後から1枚ずつ追加してるとも思えず、恐らくデータのインポートであれが完成するんじゃないかと。

「GPS-Trk2」買えばできるのか?

そうであれば1200円する「GPS-Trk2」を購入する価値は十分ありそうですが、写真を手作業で追加しなければならないという事であれば「GPS Recorder」でも十分なのかなと。

ただ、その他の機能面やバッテリーの持ちという点でも「GPS-Trk2」が非常に人気のようなので、もう少し勉強とテストを繰り返しながら、いずれは誰が見ても参考になるマップを作れるようになりたいと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)