このBlogを書いている人

昭和48年・広島生まれ広島県安芸郡在住

私が最初のボートを買ったのは23歳の時でした。

当時、飲食業を経営していた私は、
ビジネスの師匠にある日突然、無理矢理ボートを買わされ、
お客さんとの海遊びで接待役として連れ回されました。

当時、バブル崩壊直後で、世の中はまだ十分名残りがあり、
お客さんは誰もお金持ちで所有しているボートも大きな物ばかりでした。

その方達は、
夜の店の子を含め女の子をたくさんボートに乗せて来ますが、
私は、自分以外の船の荷物運搬船という役割です。

広島ではボートで上陸出来る無人島などもたくさんあるので
釣りや貝掘りをしながら、浜に上陸してバーベキューというのが
まぁ夏の週末は続いていた感じです。

浜に着いてからのテントの設営道具から、
食事や飲み物、遊び道具、タオルなどなど、
ワシの船に乗るのは「荷物ばかり」でした。

また、でっかい会社の社長さんばかりだったので
当然、それなりに大きなクルーザーに乗ってまして、
これらは喫水(水面下)が深いために
ビーチなどに乗り上げる事ができません。

ですので、岸から50メートルぐらい沖にクルーザーを泊め、
そこに私のボートを横付けして人間を移し、
浜まで運ぶという役割も持っていました。

まぁ、当たり前ですが重宝されましたよ。

当然ですが、浜に上がってからも
設営から食事の準備片付けなどがありますし、
立場上、お客さんが連れて来ている女子の達と
楽しそうに遊ぶ事も憚られます。

これ、当時23歳だった私は
「俺も稼いであっち側の人間になってやる」
って思ったものでした。

その後、ビジネスはあまり上手く行かず、
ボートを一旦手放してしまいました。

そして商売替えを何度か繰り返し、
ようやくこの10年ほどは少しずつ余裕が出て来て
2012年に再びボートを所有する事ができました。

購入したボートはニッサンのサンキャット7.7

20年近く前のボートですが
なぜこのボートを選んだのかと言うと、
20台の時乗っていたのがサンキャット7で
とても気に入っていたからです。

そして当時、私のボートの目の前に
一回り大きいサンキャット7.7が係留されており、
「いつかあれが欲しいな」と思っていたため
中古で程度の良い物が見つかり即決で購入しました。

そんなこんなでボート遊びはそれなりに歴が長く、
色んな遊びもして来ました。

最近は、今頃になってジギングなんかを覚えたため
釣りの機会が増えて来ましたが、
日本ではボート乗りのほとんどが釣りメインですよね。

しかし、ボート本来の遊びとしては
もっと色んな楽しみ方があるわけで
そういう楽しみを少しでも若い子達に伝え
もっとボート文化が日本に広がればと思ったりもします。

また、ブログでも
少しでもボートの楽しさが伝わればと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする