VIVRE(ビブレ)の自立式ハンモック・ダブルサイズの組み立てと寝心地

先日の奄美大島旅行で、アダンの木陰にハンモックを吊して昼寝をしたところ、あまりにも気持ち良くて、昼寝と言いながら4時間もぐっすり寝てしまい、ハンモックの気持ち良さに1発でハマってしまったオジサン。

来月は毎年恒例の宮島BBQもあるし、ハンモック買って持って行けばみんなも喜ぶかな?と思いつつ、気に吊すのは現実的でないので、やはり自立式だろうという事で物色を開始。

アウドドアショップに足を運んだところ、1万円弱で売ってあったものの、大人が本気で寝るには心許ない物ばかりで、子供のおもちゃには良いけど、せっかくなら本格的なのが良いのないかなーとネットで調べている時に見つけたのがVivre(ビブレ)の自立式ハンモック。しかもダブルサイズというのがあるという事でこれを最有力候補にしてあれこれ調べたところ、やはりこれが1番良さそうという結論に至りAmazonで購入。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Vivre(ビブレ)の自立式ハンモック・ダブルサイズの組み立て

img_6612.jpg

サイズがダブルという事もあってか、部屋に設置すると相当な大きさです。笑

Vivre(ビブレ)のハンモックが1番安定感があって寝心地も良かった

アウトドアショップに設置してあったいくつかの自立式ハンモックと比べると、Vivreの寝心地は圧倒的ですね。特に今回ダブルサイズを購入したという事もあるでしょうが、子供と一緒に寝転がれるぐらいの余裕があります。

また、事前に見つけたネットショップのレビューでは部品の精度について不満などが見られましたが、私はどこにも問題を感じませんでしたし、むしろこんなに単純な作りでどこに不備が出るんだろうか?と思います。

設置は非常に簡単で、部品も少なく、工具なども一切必要無く組み立てが可能、バラすのも簡単です。女性でも一人で組み立てられるでしょう。

img_6610.jpg

img_6629.jpg

img_6608.jpg

img_6605.jpg

Vivre(ビブレ)のハンモックは並行輸入品が多く値段が不安定

この商品、日本に正規代理店が無いんでしょうか?ネットショップで見つかるのは平行輸入品ばかりです。並行輸入でも別に商品自体には何の問題もないんですが、「ショップによって値段の幅が凄く大きいので注意が必要」ですね。

私が購入した時はAmazonでダブルサイズを17,999円で買えたんですが、同じAmazon内でも、柄だけ違う全く同じ商品が3万円〜7万円という凄く大きな金額差で販売されていました。人気の柄などが高いというわけでもなく、単にショップ側の値付けだろうと感じましたので、購入する際には金額に注意が必要ですね。

次回はBBQで野外に設置してみようと思うので、外での使い心地なども紹介して行こうと思います。お楽しみに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする